最新登録店舗

カテゴリ:



カラーコーディネートとは、私たちの周りにあふれるたくさんの色を、色の特性や配色のルールにしたがって分類し、様々な分野で効果的に使うことです。

 色彩や配色に関する資格には、カラーコーディネーター検定試験、色彩検定(ファッションコーディネート色彩能力検定)、色彩士検定等があります。

 これらの資格試験は、インテリアデザイナーやファッションデザイナー、グラフィックやウェブデザイナーを志す人を初めとして、幅広い職業の社会人や高齢者の方も受験しており、人気の資格の一つとなっています。

 最近では、カラーセラピーやオーラソーマ、パーソナルカラー診断や風水、ラッキーカラー占い等々も流行しました。

 配色・カラーコーディネートに関する社会の関心は、ますます高まってきています。
カラーコーディネートとは、ファッションやメイク、インテリアなどから、商業デザインに至るまで、さまざまな分野において、色彩の特性や配色の基本を押さえたコーディネートを行うことです。

 ブラウスとスカートの色のトーンを揃えたり、料理を盛りつけるときに、足りない色の野菜を1品添えたり......などと、私たちは無意識に、日常の様々な場面で、カラーコーディネートを行っています。

 近年、個々に合ったパーソナルカラーの診断が流行したり、カラーセラピーやオーラソーマなども話題になりました。

 色彩や配色に関係した資格試験の主なものには、東京商工会議所主催の「カラーコーディネーター検定試験(3級~1級)」と、 A・F・T主催の「色彩検定(ファッションコーディネート色彩能力検定)(3級~1級)」、ADEC主催の「色彩士検定」などがあり、年々、受験者は増加傾向にあります。

 色に関するスペシャリストで、配色や色彩のアドバイスやコーディネートをする人を、カラーコーディネーター、カラリスト、カラーコンサルタント、カラーアナリストなどと呼びます。
色風水の効能は、色が持つパワーと効果で使い分けます。

赤色は仕事や出世、スポーツなどで、これから勝負に出るときに使います。

ピンク色は恋愛や結婚願望があるときに使います。

オレンジ色は対人関係や人気をあげたいなど、ヒトとの交流を円滑にしたい時に使います。

茶色は家庭円満等を得たいときに使います。

黄色は金運上昇、社交上手になりたい等のときに使います。

青色は仕事や才能など、集中力を培いたい、冷静な判断をしたい等の時に使います。

紫色は高貴な色で、地位や名誉等、ステータスをあげたい時に使います。

白色はこれから何かを始める時とか、リフレッシュしたいときに使います。

黒色はため込むという意味があり、現状維持や秘密に関する事に使います。

色の効果を取り入れた風水は、みなさんの生活を、そして気持ちにまでハリを与えるでしょう。